麻美流PPC戦略法 | ドロップシッピング 本当に儲かるの? 忍者ブログ
「自分にも出来そう!」そう思って、飛びついてしまったネットビジネス。あ~、これからどうなるの?現実は厳しい!
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
最新コメント
[10/26 麻美]
[10/26 Kaoru]
[10/23 麻美]
[10/23 麻美]
[09/09 麻美]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
麻美
性別:
女性
自己紹介:
家族構成:単身赴任中の夫1人、息子1人、小型犬(♀)2匹
お気楽主婦の麻美です。
カウンター
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

麻美のやり方が正しいのかどうか分からないけど、以下のやり方で超できすぎくんをPPCにかけました。

まず最初はトップページだけの広告グループを作り、キーワードは各商品名にしました。(数点、ミドルキーワードも入れてます)
その中でインプレッション数の多い商品があったので、それを別な広告グループに分け、商品ページに直接リンクしました。

その広告グループから注文が発生したのですが、コンバージョン率は20%です。(キャンペーン全体のコンバージョン率は4.5%)
この広告グループの品質インデックスが4~5くらいまで上がれば、入札価格が低くても上位表示されるようになるので、今は我慢の子です。(←この部分について、理解不足だったので、修正します。正しくは「品質インデックスが上がれば、入札価格を上げても低い広告単価で上位表示される。」です。)
品質インデックスを上げて、出来るだけ利益を確保したいところです。

やっぱりトップページから購入まで結びつけるのは難しいので、この方法で個別の商品ページの広告グループを次々に作っていこうと思います。
いずれはトップページの広告グループは停止してしまえば良いかな?

どの商品がよく検索されてるのか、現時点のことはPPCにかけてみないと分からないですね。
フェレットの検索月間件数はヤフーの半年前のものだし、グーグルのキーワードツールもあまり当てにならないです。


注:これはコンセプトショップの場合のやり方です。
商品がバラバラで、コンセプトがはっきりしない場合は、初めから商品ページごとの広告グループを作成して下さいね。




ブログランキングに参加してます。応援よろしくお願いします。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おめでとうございます。
麻美先生、こんばんは。

売上&PPC克服おめでとうございます。
やはり商品選定は大事なんですね。

この調子でドンドン売れるといいですね。
応援しています。
doshiro URL 2009/03/15(Sun)01:19:55 編集
doshiroさんへ
ありがとうございます。

やっとPPCから売れました。

4:2:4でしたよね?
(商品選定:ページ作成:集客)
やっぱり最初の商品選定が大事なんですね。

もっとバンバン売れると良いけど、2個売れたところでストップしてしまいました。
見る見る間に競合店が増えたので、戦略を考えなくては・・・
麻美 2009/03/15(Sun)09:17:10 編集
はじめまして☆
ブログ全て読ませていただきました!
PPC勉強中の僕にとってすごく参考になります!!

PPCの広告は全て同じドメインの中で広告をかけているのでしょうか。

それともクロスドメインで複数のサイトのページをそれぞれ広告に出しているのでしょうか?
morehaste URL 2009/03/25(Wed)00:09:43 編集
morehasteさんへ
初めまして
ご訪問、コメントありがとうございます。

オーバーチュアはサブアカウントが取れるらしいですね。
別途、料金が掛かるらしいので、全て同じアカウントでやってます。

ただし必ずサイトのどこかに「屋号」を記載しておかないと掲載不可になります。
あまり目立たせたくない場合は、フッタにでも載せると良いです。
麻美の場合は、ヘッドバナーに入れてます。
ショップ名を「○○通販」などにして、その下に「屋号」を入れてます。
麻美 2009/03/25(Wed)06:09:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ドメイン・レンタルサーバー

Template by 楽楽楽生活(ららららいふ) 自宅でアルバイトしよう!/ Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]